2020-07-07

「LikePay」の意味

いいね!で払えるアプリのアイデアが思いつたら、このサービスの名前も本当にすぐ頭に出てきた。

いいね!が「Like」で、払うのは「Pay」だよね。このサービスにとって一番当たり前で、理想な名前だと思う。

ただ、

当時は、もちろん、その単純な考え方しかしてなかったが、時間が経って、経験を積んで、そして新しいサービスもリリースしてから、この当たり前な名前により深い意味があるんじゃないか?と考え始めた🤔

LikePayはアイデアdrivenのサービスなので、会社のミッションとかは、正直、後で考えて言葉にした。

何とかなく感じることを言葉にするのは難しかったりするからね…🙄

自分がずっと前から色々な「お気に入り」ができていた。好きな食べ物、好きなブランドとかあって、その良さを他人と共有したい気持ちが強い。

例えば、毎月通っている渋谷の美容室(Clan Hair)も、5年前に自分で宝物💎のように見つけて、高いと思ったとしても(本当は高くなくて、平均値段を知らなかっただけ)、そこが好きだから、毎月通っている。

このような宝物を友達や家族にもオススメして、その良さを感じてもらいたい。そういった気持ちは自分の中に本当に強い。

美容室だけじゃなく、スマホブランドのXiaomiとか、スマートフードのHuelとか、FintechサービスのRevolutとか…

宝物なので、高い場合もある。だけど、好き(Like)だから、その値段でも払う(Pay)。

そう考えた時に、LikePayの新たな意味が出てきた。それを会社のミッションにした。

高くても好きな宝物を見つけて、それを身近な人と共有する。そうすると、世の中に本当にいい物やサービスが普及して、よりいい世界になる!🤩

共有することも気持ちいいから、その考え方をすれば、みんなも幸せになると、俺が信じる。

会社のミッションに戻ると、LikePayは好きな宝物とより簡単に出会える、それを他人に共有できる、自分が幸せになるためのサービスを作っていきたい。

本当にPay for what you Likeで生きていこう!